医学生・研修医の方へ

豊富な専門領域

整形外科の名称は、パリ大学医学部長で内科医のNicolas Andry(1658〜1742)が1741年に著した「L'ortho-pedie」という著書に由来します。
この名称の意味は「小児の身体の変形を予防し矯正する技術」とされ、当初はコルセットや装具による保存的治療や、生活環境、栄養、習慣の改善による予防が行われました。
その後、新しい知識と技術を積極的に取り入れることにより、その対象を「小児の身体の変形」から「脊柱、四肢の運勣器全般」を取り扱う分野へ変化してきました。

整形外科の守備範囲は他のどの診療科より広範で、全身すべての関節、筋肉、四肢の血管、皮下組織から脊椎、脊髄、末梢神経などの運動器(体を動かす部分に関わるところ)が対象となり、年齢も新生児、小児から高齢者までを扱います。このため、整形外科には以下のような多岐にわたる専門領域があります。

整形外科専門医資格は一般整形外科を行うための必要条件であり、これを取得した後それぞれの専門領域に進むのが一般的です。

一般整形外科医を目ざす人

初期研修2年の後、4年間整形外科を研修し、定められた症例、学会発表、筆頭著者としての論文発表などの受験資格を満たせば、整形外科専門医試験を受けることができます。

専門医取得後の道は、大きく病院の勤務医と開業医の二つに分かれます。診療所を開設している整形外科専門医の多くが運動器疾患の保存的治療を主として行っており、英米のホームドクターに相当する役割も果たしています。

脊椎脊髄外科医を目ざす人

代表的なものでは、椎間板ヘルニア、腰部脊柱間狭窄症、頚髄症といった種々の疾患による脊髄の圧迫障害に対する除圧術や脊柱変形に対する矯正固定術を行います。

手術術式や器具の改良、固定材料の進歩により早期離床が可能になり、最近ではコンピュータ技術を用いたナビゲーションシステムの導入によって、難度の高い脊椎手術が安全確実に行われるようになっています。

関節外科医を目ざす人

股関節や膝関節では、変形性関節症などの関節疾患に対して人工関節全置換術や骨切り術が行われます。膝関節や肩関節では、関節鏡を用いた靭帯再建術、半月板縫合術、腱板修復術などが行われます。

手の外科医を目ざす人

手は、noman's landで知られているように治療が難しい部位です。このため、繊細で緻密な技術を用いて手の疾患や外傷を専門的に治療します。
マイクロサージャリーを用いた微小血管や末梢神経の縫合も必須の技術です。

足の外科医を目ざす人

小児では先天性内反足、成人では外反母趾や麻痺足が主な治療対象になります。
ギプスや装具を用いた保存的治療も重要な治療手段になります。

骨・軟部腫瘍医を目ざす人

たとえば骨肉腫といったような骨・軟部腫瘍の治療を行う専門分野で、悪性腫瘍に対しては手術のみならず化学療法も重要な治療手段となります。

大学やがん専門病院での勤務となるのが一般的です。

関節リウマチ外科医を目ざす人

関節リウマチは関節破壊によって機能障害を引き起こす疾患です。機能再建のため、人工関節全置換術、関節形成術、関節固定術などの手術が行われます。

わが国のリウマチ患者の半数以上が整形外科医の治療を受けており、薬物療法にも精通する必要があります。

スポーツドクターを目ざす人

スポーツによる外傷や障害を治療対象とします。
一流スポーツ選手のみならず、学校スポーツやスポーツ愛好家に対する啓蒙や予防活動などの取り組みも必要とされています。治療には膝、肩などの関節外科の技術が必要です。

外傷整形外科医を目ざす人

四肢・脊椎の外傷を対象とします。新鮮骨折という一般的な骨折のみならず、骨髄炎や偽関節などの難治性骨折も治療対象となります。
創外固定法という治療法が大きな治療手段となります。

骨代謝・骨粗鬆症医を目ざす人

骨粗鬆症や骨軟化症などの代謝性骨疾患が治療対象で、薬物療法が中心になります。

小児整形外科医を目ざす人

先天性股関節脱臼、先天性内反足、筋性斜頚に加え、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、脊柱変形などが治療対象となります。

手術のみではなく、装具などの保存的治療も重要な位置を占めます。

マイクロサージャリー医を目ざす人

マイクロサージャリーを応用した再建手術は、大きな軟部組織欠損に対する遊離血管柄付き皮弁移植や母指(親指)欠損に対する足趾の移植手術のように、外傷や腫傷で生じた組織欠損に対して手術術式の選択の幅を広げ、これまでは切断術しか選択できなかった症例でも、患肢を温存することが可能となってきました。

産業医を目ざす人

事業場において、労働者の健康診断、衛生教育、職場における健康障害の原因調査、事業場の責任者に対する専門的な指導助言、職場の巡視など、労働者の健康管理を行います。

運動器リハビリテーション医を目ざす人

理学療法、作業療法、義肢装具療法などのリハビリテーションの手法を用いて、運動器疾患の治療を行う専門分野です。