専門医をさがす

認定医をさがす

日本整形外科学会「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらにそれぞれの専門領域の研修を受けてることで「認定医」として認められることができます。このページでは、各種専門領域の認定医をさがすことができます。

日整会認定リウマチ医

日整会の認定したリウマチ医。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、リウマチ医としての研修を受けています。リウマチ医資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。

日整会認定スポーツ医

日整会の認定したスポーツ医。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、スポーツ医としての研修を受けています。スポーツ医資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。

日整会認定脊椎脊髄病医

日整会の認定した脊椎脊髄病医。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、脊椎脊髄病医としての研修を受けています。脊椎脊髄病医資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。

日整会脊椎内視鏡下手術・技術認定医

日整会の認定した脊椎内視鏡下手術・技術認定医。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、「日整会認定脊椎脊髄病医」としての資格を取得した後、実技試験を受けて「脊椎内視鏡下手術・技術認定医脊椎脊髄病医」の資格を取得します。継続するための要件も厳しく、手術時のビデオの提出などが義務付けられています。

日整会認定運動器リハビリテーション医

日整会の認定した運動器リハビリテーション医。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに、運動器リハビリテーション医としての研修を受け、終了試験に合格しています。運動器リハビリテーション医資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。

日本手外科学会認定手外科専門医(日本手外科学会のページへリンクします)

日本手外科学会(日手会)の認定した手外科専門医。「整形外科専門医」または「形成外科専門医」の資格を取得した上で、さらに5年以上の研修を受け、手外科学会の一定の資格を満足した医師が年1回の試験を受けることができます。合格後は5年ごとの資格更新があります。資格を継続するための要件も厳しく、学会や研修会に一定時間以上の出席が義務付けられています。

「整形外科専門医」資格の広告について

日本整形外科学会は、「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関して広告できる事項」(平成14年厚生労働省告示158号)第26号に基づき、専門医資格認定団体に係る基準該当届の届け出を行い、平成14年7月17日に受理されました。