整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「指の屈筋腱損傷」

手・指の症状

症状

指や手のひら、手首のあたりを刃物で切った後、指先の関節(母指(親指)IP関節、示指〜小指DIP関節)、ときに次の関節(示指〜小指PIP関節)も曲がらなくなります。

屈筋腱損傷

並走する神経や動脈が同時に切れることがあり、その場合指の感覚が障害されたり、血液が噴出して止まりにくくなることがあります。

原因と病態

前腕にある指を曲げる筋肉(長母指屈筋、示指〜小指の深指屈筋と浅指屈筋)と指先を繋ぐすじ(腱)は手首から手のひらを通り各指の指先まで延びて、指の骨に付いています。各指では、指を曲げた時にこの腱が浮いてこないように腱鞘というトンネル構造の中を通っています。
この腱が刃物で切られたり、指がドアーに挟まれたりして腱が皮下で断裂したとき、また、指を曲げようとした時に反対方向に強い力で指が伸ばされて腱が指の骨から剥がれたときに、筋肉の力が指に伝わらなくなり、指が曲がらなくなります。

診断

手首、手のひら、指の手のひら側にけがをした後で、母指のIP関節、示指〜小指のDIP関節やPIP関節が曲がらなくなったときに、指の屈筋腱損傷を疑います。

示指〜小指ではDIP関節を曲げる深指屈筋腱とPIP関節を曲げる浅指屈筋腱の2本がありますが、指を曲げたときに、指先のDIP関節だけが曲がらない時は深指屈筋腱だけが、手前のPIP関節も曲がらないときは、浅指屈筋腱も切れています。

治療

指の屈筋腱損傷は手外科専門医に治療をしてもらわなければなりません。

刃物で切った直後の腱は、縫い合わせることが可能ですが、創の治癒過程で縫い合わせた腱が周囲とくっつかないように手術直後から動かす必要があります。そのために拡大鏡や顕微鏡視下での、強固な糸の掛け方で、かつ縫い目が太くならないようにする繊細な操作が必要になります。特に屈筋腱が通る指のトンネル(腱鞘)の中で切れたときには、腱の浮き上がりを防ぐために必須の腱鞘部分を残して、かつ縫い合わせた腱がトンネル内を滑らかに動けるようにするため、より繊細な操作が必要です。

手術後も、手外科医の指導を受けたリハビリ訓練士の監視下での、きめの細かいプログラムに沿った手指の運動訓練が3ヵ月間くらい必要になります。

トンネル内で切れて2週間以上経った腱は腫れがきて太くなるため、縫い合わせてもトネンルの中を通りづらくなり、うまくいきません。指先の骨から剥がれた腱も受傷後数日以内であれば骨に縫い付けることが可能です。 受傷後日数が経った腱や、鈍器でつぶされて切れた腱、引きちぎられた腱は、前腕にある長掌筋腱などの腱で置き換える腱移植術が必要になります。

関連する症状・病気

※日本手外科学会「手外科シリーズ 12」から画像を引用しております。