整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「悪性骨腫瘍」

全身の症状

症状

悪性骨腫瘍には、10歳代に発症しやすい骨肉腫に代表される原発性骨腫瘍と、肺癌や乳癌の骨への転移に代表される転移性骨腫瘍があります。

悪性骨腫瘍全体では転移性骨腫瘍が大半を占めます。
各腫瘍に特有な症状はありませんが、けがをしないのに痛みや腫れが出現し、長く続いたりすることが多いようです。骨がもろくなり、骨折して発見されることもあります。

原発性骨腫瘍は膝や股関節、肩などの近くに生じることが多いのですが、転移性骨腫瘍は脊椎にも高い頻度でみられます。

病状

原因と病態

原発性悪性骨腫瘍の多くは、原因がはっきりとわかっていません。

一部の腫瘍では、その腫瘍に特異的な遺伝子の異常がわかっていて、研究が進められています。
遺伝子の異常といっても、ほとんどの場合、遺伝したりすることはありません。

転移性骨腫瘍は、原発性の悪性細胞が主として血液やリンパの流れを介して骨(骨髄)に運ばれること(転移)によって起こります。

診断

骨のX線(レントゲン)写真を撮り、骨の内部に異常が認められるときに疑います。MRIや骨シンチグラフィーなどの画像検査を行えば、たいがいは腫瘍であることがわかりますが、診断をはっきりさせるためには病変部の細胞を取り出して顕微鏡で検査を行う必要があります。

転移性骨腫瘍の場合は、癌にかかったことのある患者さんで、X線写真や骨シンチグラフィーで異常所見があるときに疑います。血液中の腫瘍マーカーの測定が有用なこともあります。

予防と治療

原発性骨腫瘍

悪性骨腫瘍と診断された場合には、専門の施設で治療を行う必要があります。

悪性度の高い腫瘍では、まず化学療法(抗癌剤による治療)を行います。次に、手術が可能であれば腫瘍を切除します。手術で切除したところを元に戻すためには、人工関節を入れたり、他の場所から骨(人工骨を含む)を移植する方法などがとられます。場合によっては、四肢を切断することもあります。手術のあとは、化学療法を再び行います。
化学療法を行わず、手術のみを行うこともあります。

予定した治療が終わったあとも、再発や転移の有無を確認するために5年程度は定期的に外来で経過をみる必要があります。

転移性骨腫瘍

もともとの癌、たとえば肺癌や乳癌を担当した医師と共同で、抗癌剤、放射線治療、ホルモン治療、骨吸収抑制剤などを用いた治療を行います。

骨折したり、骨折の危険性がある場合には手術を行うこともあります。

関連する症状・病気

※日本整形外科学会「整形外科シリーズ 18」から画像を引用しております。