整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「膝関節捻挫」

膝関節の症状

捻挫とは

関節に力が加わり、通常の範囲を越えて骨同士が動いた場合に起こるケガのうち、骨折や脱臼はX線(レントゲン)で診断がつきますが、X線で異常がない関節のケガはとりあえず捻挫という診断になります。
ただ、捻挫という診断のままでは、治療方針もたちません。その後の診察やMRIで靱帯や半月板、軟骨損傷などの最終診断の確定にいたる必要があります。

症状

ケガをした関節の腫れ、痛みが見られます。これら症状は一般には損傷の程度と一致しますが、痛みを感じにくい靭帯(前十字靭帯など)もあるため、余り痛くないから大丈夫と考えてはいけません。また、かなり高度の靱帯損傷があっても、ほとんどの場合、1〜2か月以内に日常生活に支障がないレベルには回復します。
したがって普通に歩けるようになったから大丈夫と思ってもいけません。

原因と病態

受傷の原因は、関節に直接力が加わるもの(直達外力による外傷)と加わらないもの(介達外力による、または非接触性の外傷)とがあります。
膝の関節の場合ですと、前者はタックルが直接膝に入ったことによるケガ、後者の例としては着地で膝を捻じったケガがその例として挙げられます。

靭帯の外傷はその程度により、1度(部分断裂)から3度(完全断裂)に分類されます(図1)。

図1

図1 膝関節鏡でみた断裂前十字靭帯

診断

診断の決め手はまず、ケガをした時の状態(外力のかかった方向、ケガをしたときの膝の位置・姿勢)を詳細に聞くことから始まります。関節に血がたまっているかどうかも診断の重要な要素です。

その後の診察では、圧痛(押さえて痛むところ)の場所、靭帯のケガで関節が不安定になっていないか、などの所見をとります。MRIは多くの情報を与えてくれる有用な検査です。

予防と治療

上に述べたもののうち、直達外力によるケガは防ぎようがない部分があります。 ケガ予防のためのサポーターの効果にも限界があります。
一方、非接触性のケガについては、ケガをしないような体の使い方や基本的な切り返し・着地動作をトレーニングで身につけることにより、ある程度防止できるのではないか、と考えられています。

図2 図2 関節鏡による膝関節手術

捻挫の治療は、靭帯・半月板など、どの組織がどの程度の損傷を起こしているかによって、手術による治療と手術以外のいわゆる保存的治療のいずれかを選択します。
手術は近年、関節鏡(内視鏡)を用いるなど、小切開で行うものが多く(図2)、保存的治療の場合もギプスによる長期の固定はできるだけ避けて装具やサポーターを用いて早くから運動を開始する方法(機能的治療)が主体となっています。