整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「胸椎椎間板ヘルニア」

胸椎の症状

症状

下肢のしびれや脱力感などで気がつくことが多いようです。歩行する時に「足がもつれる」ようになったり、階段を降りる時に「不安で手すりを持つようになったり」して気づきます。
背中の痛みや肋間神経痛のような疼痛がある時もあるのですが、背部痛がないことの方が多いです。下肢痛(足の痛み)を自覚することは多くありません。

診察をした時の他覚的所見は、体幹〜下肢にかけての知覚鈍麻や筋力低下が主で、胸椎の中間より上位の椎間板ヘルニアでは脊髄圧迫により下肢の反射が亢進します(痙性麻痺)。
症状が進行すれば下肢の筋力低下や膀胱・直腸障害(排尿しようと思ってもすぐに出ない・排尿の後残った感じがする)が明らかになってきます。

椎間板ヘルニアの部位が胸腰椎移行部(背中と腰の境目)の場合は、脊髄円錐のみの圧迫症状として膀胱障害だけで症状がでることもあります。

原因と病態

椎間板の変性により繊維輪(椎間板の外側の部分)が破綻し、椎間板内部の髄核が脱出して硬膜管(神経が入っている管)を圧迫することで脊髄圧迫症状(脊髄が圧迫されて出る症状:下肢のしびれや感覚の低下、筋力低下など)が出現します。
髄核は中央に脱出することが多く、腰椎のように側方に脱出して神経根の症状を呈することは多くありません(神経根を圧迫すれば肋間神経痛の症状がでます)。

外傷などの誘因が見られない場合がほとんどです。腰椎や頚椎の椎間板ヘルニアに比較すると非常にまれな疾患で、歩行障害などが出現した場合には手術が必要となります。
MRI画像で椎間板が後方に突出していても、脊髄の圧迫がなく、歩行障害などがなければ手術が必要になりません。

診断

単純X線(レントゲン)でははっきりした所見がないことがほとんどです。脊髄圧迫症状(下肢の麻痺など)があればMRIを行い、椎間板ヘルニアで脊髄が圧迫されていれば診断は確定します。
手術が必要になった場合にはCT検査なども必要になってきます。

予防と治療

特別な予防法はありません。歩行困難などの脊髄圧迫症状がはっきりしてきた場合には、一般に症状は進行性ですから、手術的な治療が必要になってきます。
歩行障害が進行しているのに手術を行わないで放置すると、徐々に歩けなくなってくる場合が多いと考えられています。

薬の治療やリハビリテーション、鍼などでこの病気による下肢麻痺を改善することはできません。
手術は、体の側方から椎間板を切除して骨を移植することで背骨を固定する「前方固定術」と後方から椎間板を切除する「後方除圧術」があります。
どちらも簡単な手術ではなく、手術による神経麻痺の危険はあるのですが、放置しておくと麻痺が進行することが多いので手術を受ける方が良いと考えられます。