整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「自己血輸血」

全身の症状

輸血の必要性

手術によっては輸血が必要になる手術があります。下肢の人工関節置換術、脊椎の広範囲の手術・固定術などでは、輸血の可能性が高いと考えられます。小さな手術で輸血が不要と思われていても、胃や十二指腸潰瘍からの出血で輸血する場合も稀にあります。

輸血の副作用

他人の血液を輸血する「同種血輸血」には、ウイルスの伝播による病気の感染、輸血後移植片対宿主病(血のつながりのある人の血液を輸血した場合に起こりやすい副作用)、免疫能力の低下、など多くの副作用が知られています。現在では輸血血液のウイルス検査が進歩しましたのでウイルス感染の可能性は非常に少なくなっていますが、完全に感染血液を排除できるわけではありません。このため可能な場合は自分の血液の利用(自己血輸血)が奨められています。

自己血輸血の方法

貯血式自己血輸血

手術までの待機期間中に献血するように自分の血液を採血して、手術の時に輸血する方法です。

術前血液希釈式自己血輸血

手術直前に大量の血液を採血し、点滴で血液を薄めて手術を行い、術後に輸血する方法です。

術中回収式自己血輸血

手術中に出血した血液を吸引して集め、生理食塩水で洗浄して赤血球だけを輸血する方法です。

術後回収式自己血輸血

手術後出血した血液をチューブで集めて、フィルターを通して輸血する方法で、洗浄する場合としない場合があります。