整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「強剛母指」

手・指の症状

乳児の頃から母指(親指)の第1関節が曲がったままで伸びない状態を強剛母指と呼んでいます。母指の付け根の部分にしこりが触れることがありますが、あまり痛がりません。

症状

母指の第1関節が曲がったままで他動的にも伸びない状態であることに、母親などが気付きます。押しても痛みはありません。

症状

原因と病態

原因

はっきりわかっていません。

病態

母指を曲げる腱というヒモがあり、硬い靱帯性腱鞘というトンネルを通ります。腱がこのトンネルの出口で膨らんで太くなり、このトンネルの中に入らなくなります。

病態

診断

生後3ヵ月以降になって親が母指を伸ばさないことに気が付くのが普通です。伸ばそうとしても伸びないことや、しこりがあることなどで診断します。

治療

自然治癒することがあるので、放置するか副木をあてたりします。手術は狭くなった靱帯性腱鞘を開きます。それによる障害はほとんどありません。
詳しくは整形外科医にご相談ください。

関連する症状・病気

※日本手外科学会「手外科シリーズ 10」から画像を引用しております。