整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「術後感染症」

全身の症状

症状

手術した部位に膿がたまり、発熱や痛みが生じます。時間がたつと手術創は赤くなり、進行すれば傷が開いて膿が排出されます。

原因と病態

手術を行った部分に細菌が入って増殖することで起こります。創の中に異物(金属インプラントなど)がある場合は、感染が生じやすく治りにくいことが分かっています。

細菌は、皮膚の組織内の皮脂腺・汗腺などに存在していますし、空気中に浮かんでいる粒子にも存在します。従って、手術を行った部位には必ず細菌が存在していると考えてもよいでしょう。

診断

手術後に熱がなかなか下がらない場合に、血液検査(白血球数やCRP)と手術を行った局所の所見(発赤・熱感)で診断します。

予防と治療

手術室の空調は浮遊している粒子が少なくなるような予防が行われており、手術を行う部位の消毒は十分に行われます。手術器械や体内に入るインプラントは、熱・ガス・放射線などで完全に無菌状態で提供されます。
しかし前述のように皮膚や空気中の細菌をなくすことは不可能ですので手術前後に抗生物質(細菌を殺す点滴や薬)の投与が行われます。このような予防を行っても手術後の感染は一定の確率で生じる合併症です。

感染が起こった場合は、創を開いて膿を排出したり、インプラントを抜去したりという処置が必要になります。糖尿病や透析患者さんでは感染の確率は高くなります。