関連学会・研究会のお知らせ

'04.10.14更新

平成17年4月

第48回日本手の外科学会学術集会

会期:
2005年4月21日(木), 22日(金) (23日(土):第11回春期教育研修会)
会場:

下関市/海峡メッセ下関(山口県国際総合センター)

学会スローガン:
手の外科専門医を目指して
テーマ:

手の外科のEBM とQOL, そして教育

特別講演:

「手の外科の専門医制度と基本手術手技教育(仮題)」 生田義和先生

会長講演:

「手の外科のEBM とQOL」 土井一輝

招待講演:

“Prefabricated Tissue Transfer”Wayne Morrison, M.D.
“Skin Flap for Hand Reconstruction”William C. Pederson, M.D.

教育講演:

「手の外科へのEBM の導入手法の基礎」 講師未定

シンポジウム:

1. 手の外科治療のEBM(一部演者指定)
2. 高齢者の橈骨遠位端骨折(公募)

パネルディスカッション(予定) :

1. 手根管症候群治療合併症
2. 変則的神経修復術
3. 先天性短指症の治療
4. 関節リウマチ(人工指関節)
5. 手, 指皮膚欠損の被覆
6. 機能評価とQOL
7. キーンベック病(IIIA,B)
8. 舟状骨近位部骨折偽関節治療
9. その他

ビデオシンポジウム:

1. 肘部管症候群の手術治療
2. 麻痺手に対する腱移行術

ランチョンセミナー:

4題を予定(医療保険, EBM の基礎ほか)

演題募集:

シンポジウム, パネルディスカッションの追加演題, ビデオシンポジウムおよび一般演題を公募します. なお, 一般演題は, 肩・肘を含めた広義の手の外科関係演題を募集します. 詳細は, 学会ホームページhttp://www.jssh.gr.jp/をご参照ください.

応募期間:

2004年9月15日(水)〜10月31日(日)
(インターネットによる応募のみとなります)

問合せ先:

〒468-0063 名古屋市天白区音聞山1013 (有)ヒズ・ブレイン内
第48回日本手の外科学会学術集会登録事務局
Tel. 052-836-3511 Fax 052-836-3510
E-mail kanmon48@jssh.gr.jp
    第48回日本手の外科学会学術集会
    会長 土 井 一 輝
    (小郡第一総合病院院長)

当月一覧へ戻る