関連学会・研究会のお知らせ

'06.03.22更新

平成18年4月

日本旅行医学会第5回大会

会期:
平成18年4月14日(金), 15日(土)
会場:
国立オリンピック記念青少年総合センター
(小田急線参宮橋下車徒歩7分)
テーマ:
自然災害・アクシデントの旅行医学
海外トラベル医療事情:
「中国」(北京・上海・大連)
  溝尾 朗(東京厚生年金病院内科医長)
  加地辰美(防衛医大放射線部助教授)
  三浦靖久(慈生会野村病院副院長)
「アメリカ」マイケル・キャラハン(ボストン大バイオテロ防衛)
「スペイン−健康増進ツアー」Dr. Rogelio Lopez-Veiez
  (スペイン旅行医学会会長)
「ドイツ−ワールドカップに備えて」前川聡一(愛媛大救急医学)
海外招待講演:
「ロングフライト血栓症」ファロル・カーン(英国航空健康協会会長)
アウトドアアクシデントの旅行医学:
「ダイビングの旅行医学」小濱正博(南部徳州会病院高気圧治療部)
「中越地震での透析医療」
「アウトドアでの雷対策」
  首藤克彦(東京理科大理工学部助教授高電圧工学)
「アウトドアでのハチ対策」湯川龍雄(湯川内科クリニック院長)
ランチョンセミナー −アクシデントの旅行医学− :
「安全カルテについて」篠塚 規(日本旅行医学会専務理事)
「オルレー空港の救急システム」Dr. Michel Clerel(パリ空港クリニック所長)
自然災害の旅行医学:
「中越地震での救急医学 −地方のケース」
  福成博幸(県立十日町病院副院長)
「阪神大地震での救急医学 −大都市のケース」
  有賀 徹(昭和大救急医学講座教授)
申込方法:
今回は会場の関係で事前登録となります. 参加ご希望の方は事前に参加費をお振り込みいただき, 申込用紙に領収書コピーを貼付のうえ学会事務局(Fax 03-3403-5861)にFaxしてください.
登録の上入場券をお送りいたします.
参加費(2日間):
医師 10,000円
看護師 5,000円
一般 2,500円
詳細は学会ホームページhttp://www.jstm.gr.jp/をご覧ください.

当月一覧へ戻る