関連学会・研究会のお知らせ

'11.10.11更新

平成23年11月

第38回 日本脳性麻痺研究会

会期:
平成23年11月3日(木・祝)
会場:
幕張メッセ国際会議場
千葉市美浜区中瀬2-1
主題:
小児の認知と運動発達 ―理論から脳性麻痺の臨床まで―
内容:
以下の講演と総合討論
1. 「運動発達がゆっくりな児に対して小児科医がしていること
  −脳性麻痺の診断に向けて−」
 岩崎博之(東大小児科)
2. 「脳性麻痺児の歩行分析の有用性と下肢伸展機構解明の多角的研究の必要性」
 金 承革(健康科学大学理学療法科)
3. 「脳と身体の初期発達」
 多賀厳太郎(東大教育学研究科)
4. 「胎児・乳児の認知行動発達シミュレーションとその発達障害原理解明への貢献可能性」
 國吉康夫(東大情報理工学系研究科)
事務局:
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学医学部附属病院リハビリテーション科
Tel. 03-3815-5411(内線35180)
Fax. 03-5684-2094
E-mail todaireh-acd@umin.ac.jp
第38回 日本脳性麻痺研究会
会長 芳賀 信彦

当月一覧へ戻る