整形外科/運動器 症状・病気をしらべる

「脊髄腫瘍」

脊椎の症状頚椎の症状胸椎の症状腰椎の症状

ここでは脊柱管内にある腫瘍全体を対象として説明します。

脊柱管内には髄液を中に入れている硬膜があります。硬膜の外の腫瘍を硬膜外腫瘍、硬膜の内側の腫瘍を硬膜内腫瘍と呼びます。硬膜内腫瘍の中で、脊髄の外部の腫瘍を髄外腫瘍、脊髄内部の腫瘍を髄内腫瘍と呼んでいます。硬膜外腫瘍には転移性硬膜外腫瘍と原発性硬膜外腫瘍がありますが、多くは転移性です。硬膜内腫瘍では髄外腫瘍が多く、ほとんどが良性腫瘍です。硬膜内髄内腫瘍は稀ですが、治療に難渋するものが少なくありません。

症状

腫瘍による脊髄や馬尾神経の圧迫によって症状が出ます。しびれ、感覚障害、筋力低下などが生じます。このような麻痺は神経内科の疾患である脊髄炎や多発性硬化症などでも生じますので、鑑別が必要です。

一般に圧迫による脊髄症状は、知覚・運動が同時に障害され、圧迫部位より遠位の反射が亢進するのが一般的です。

診断

脊髄腫瘍はX線(レントゲン)では発見できませんので、X線像が正常でMRIで脊髄腫瘍が認められれば診断は確定します。腫瘍の種類や広がりを確かめるために、造影MRIが行われます。手術の計画のためにはCTを追加することが多いかと思います。

予防と治療

腫瘍を切除する手術療法が選択されます。腫瘍の種類によって、放射線照射や化学療法が追加される場合もあります。症状が軽微で、進行が遅ければ、高齢者の場合は様子を見る場合もあります。

関連する症状・病気