トピックス

山中伸弥会員が2012年ノーベル医学・生理学賞を受賞

2012年ノーベル医学・生理学賞が、体のさまざまな組織の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発された京都大学iPS細胞研究所長・教授の山中伸弥先生に授与されることが決定しました。

iPS細胞は、今後、再生医学や創薬の切り札になることが期待されています。
山中先生は、神戸大学医学部卒業後、国立大阪病院で整形外科の研修医として勤務された後、大阪市立大学の大学院に進学、その後研究生活を続けられ、ついにiPS細胞の開発に成功されました。

日本整形外科学会は、かつて整形外科医として活躍され、現在も日本整形外科学会会員であられる山中教授が、世界的なご業績をあげられたことに敬意を表し、2010年に「特別学術会員賞」を贈呈させていただきました。
日本整形外科学会会員一同、この度のノーベル賞受賞に沸き返っています。
学会を代表し、山中教授に心からのお祝いを申し上げます。
先生の益々のご活躍を祈念しております。

日本整形外科学会理事長
岩本幸英